日本海水東京本社で新型コロナウイルス感染者の発生

 日本海水は東京本社に勤務する従業員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが7月17日に判明したと発表した。当該従業員は7月は主として在宅勤務を実施していたが、7月15日に身体のだるさを感じ、翌16日にPCR検査を受診したところ17日に陽性反応が確認された。現在は医療機関に入院中。

 同社は所轄保健所と連絡を取り、その指導のもと、当該従業員が勤務していた事務所の消毒を行うとともに、濃厚接触者と特定された従業員1名並びにその可能性がある従業員3名については、自宅待機の上、健康状態の定期的な確認・報告を指示した。なお、同社の事業活動には影響はないとしている。

 日本海水では、「社内外への感染拡大の防止と従業員や関係者の安全確保を最優先に、引き続き感染防止の取り組みを徹底してまいります」としている。