サイトアイコン ガスペディア

大陽日酸、各種シリンダーガスの価格改定

一般シリンダーガス、特殊ガス、溶解アセチレンガス。来年2月出荷分より

 大陽日酸は、各種シリンダーガスの出荷価格を2022年2月出荷分より、下記の
通り改定する。

  1. 対象製品 : ① 一般シリンダーガス(カードル、LGC含む)、② 特殊ガス(高純度ガス、標準ガス、混合ガス、半導体材料ガスの一部)、③ 溶解アセチレンガス
  2. 改定時期 : 2022年2月出荷分より
  3. 改定幅 : ① 一般シリンダーガス(現行出荷価格に対し平均+20%)、② 特殊ガス(現行出荷価格に対し+10~35%以上)、③ 溶解アセチレンガス(現行出荷価格より+300円/kg以上)

 改定理由として、各種シリンダーガスは、昨今の鋼材価格の高騰によって容器や容器再検査に関わる附属品の価格が著しく上昇、また、エネルギーコストや電力価格が高騰しているとした。加えて、溶解アセチレンガスはカーバイドメーカーによる原料の大幅な値上げもあり、原材料費等の製造コストも上昇した。更に、働き方改革関連法対応や燃料費高騰に起因する輸送費上昇、製造設備のメンテナンスコスト上昇も深刻な状況だとしている。

 大陽日酸では、充填所の統廃合や配送効率化など、あらゆる策を講じているが、かかるコスト上昇は企業努力で吸収出来る範囲を超えており、各種シリンダーガスの価格改定を決定したとしている。

モバイルバージョンを終了