歯愛メディカルと資本業務提携、「くらしの医療」拡大

 エア・ウォーターは、医療関連事業の事業領域拡大を図るため、2016年10月18日付けで歯科系通信販売最大手の歯愛メディカルと資本業務提携契約を締結し、あわせて株式の39.9%を取得する。

 エア・ウォーターの医療関連事業は、医療用ガスのリーディングカンパニーとして、全国の医療機関向けビジネス、いわゆるBtoB ビジネスを中心に成長してきたが、今回の提携を契機にBtoC ビジネス領域への積極的な参入を図り、くらし目線に基づいたビジネス展開、「くらしの医療」へと事業の幅を拡大する。さらに歯愛メディカルの通信販売事業モデルを取り入れ発展させることで、今後、エア・ウォーターの医療事業全体の事業変革を目指す。

 エア・ウォーターの医療関連事業は、医療用ガス、病院設備工事、SPD・滅菌等の病院サービス、医療機器、在宅医療など高度医療分野から在宅医療までトータルで医療の現場をサポートし、近年では歯科関連事業にも参入した。
 高齢化が急速に進み、増え続ける医療費抑制のための国の施策として、病床数の削減や患者の在宅へのシフトが進むなど、医療を取り巻く環境は大きく変化を続けており、りわけ国が推進する、地域包括医療・ケアに関する施策では、地域医療全体の枠組みのなかで、生活者が一貫したサービスを受けられる、安心の医療が求められている。
 その一つが医科と歯科の連携をこれまで以上に推進することであり、その中心にあるのが、くらしの場でじっくりとかかわることのできる退院後のケアを、医科と歯科の連携の下で行っていくというものになる。

 こうした状況を踏まえエア・ウォーターは、歯科系通信販売において歯科医院・歯科技工所等のみならず生活者のニーズを的確にとらえた商品開発力と通信販売ノウハウのビジネスモデルにおいて圧倒的な実績を有する歯愛メディカルとともに、医療機関はもとより、より生活者に密着したサービスを開発・強化し、BtoC ビジネス領域での医療事業の拡大を推進する。
 “健康生活”をキーワードに、これまでエア・ウォーターが強みとしてきた全国の医療機関向けビジネスと、歯愛メディカルが持つ商品開発力と販売力ならびに歯科分野での専門性を相互活用することで、歯科・医科、院内・在宅の枠組みを超えた新たなサービスを開発し、医療・介護・福祉分野を網羅した「くらしの医療」としての一体的なサービスの提供を目指す。

【歯愛メディカルの概要】
名称:株式会社歯愛メディカル
所在地:石川県白山市
代表者:代表取締役社長 清水 清人
事業内容:歯科診療用品全般の通信販売・卸売
資本金:10 百万円
設立:2000 年1 月
大株主:清水 清人 92.0%、清水 智子 7.9%
業績:売上高 17,950 百万円(2015 年12 月期)

 歯愛メディカルは、歯科医院や歯科技工所を中心に、各種医療機関への通信販売を主たる業務とし、取り扱う商品は、徹底した「お客様視点」をもとに、歯愛メディカルが開発及び企画し商品化するとともに、様々な商品を仕入から販売まで一貫して担うことが最大の特長。また、通信販売事業において重要なコールセンター、カスタマーセンター、ロジスティクスセンター等の内製化により、新たなサービスの開発には欠かすことのできない経験とノウハウを有している。