サイトアイコン ガスペディア

岩谷産業、欧州産高純度チタン鉱石の権益を確保

ノルディック・マイニング社へ26億円を出資~

 岩谷産業は、北欧ノルウェー・オスロ証券取引所に上場するノルディック・マイニング社に出資(約 1 億 9,175万クローネ (約 26 億円))を行い、ノルウェーの新規プロジェクトから採掘される高純度チタン鉱石の権益を確保する。本出資に伴い、高純度チタン鉱石の予定生産量の約 60%
(年間 2 万㌧)の長期引取契約を締結した。

 チタン鉱石は、アフリカ・豪州・ロシアなどに偏在する希少資源であり、わが国は全量を輸入に頼り、塗料用の酸化チタンや、航空機部品に用いられる金属チタンの原料として主に使用される。ノルディック・マイニング社が手掛けるプロジェクトは、高純度チタン鉱石を約 40 年間の長期にわたり採掘する計画となっており、供給元の多様化の一助となる。

 また、同社のプロジェクトで産出するチタン鉱石は高純度であるため、精錬時に発生する廃棄物の量が抑えられる。さらに、本プロジェクトでは再生可能エネルギー由来の電力を使用し、低環境負荷の操業を行う予定。

 岩谷産業は、ミネラルサンド(※)のリーディングカンパニーとして約 70 年の取り扱い実績があり、また西豪州の子会社では自社鉱山の運営も行っている。今回のノルディック・マイニング社への出資により、豪州・欧州二拠点の権益を確立し、希少資源であるチタン鉱石の安定供給体制の強化を図る。

 岩谷産業では、マテリアル事業は、より良質な原材料の確保と安定供給、新たな素材の開発に取り組み、今後も優良資源への投資を含めさまざまな取り組みを通じて、顧客に新たな価値を提供し、マテリアル事業の拡大に取り組んむとしている。

※ミネラルサンド:チタン鉱石、ジルコンを含む重鉱物砂の総称

ノルディック・マイニング社の会社概要

モバイルバージョンを終了