メカトロ・アソシエーツが産業ロボットの中古買取・リユース事業を開始

決算・人事

再販時に中古ロボットを最適な形で動作するようシステム設計

 エア・ウォーターグループのメカトロ・アソシエーツ株式会社は、2023 年 5 月より、産業用ロボットの中古買取と併せ、システム提案をセットにした再販を行うリユース事業を開始する。

 メカトロ・アソシエーツは、溶接関連に強みをもつFA(ファクトリーオートメーション)やロボットシステムの設計・製作・販売を手掛ける。新事業として中古産業用ロボットの買取・リユース事業を開始する。

 中古ロボットの買取販売は、部品の下取りや海外市場への転売などを行うことが主流だが、新たに開始するリユース事業は、生産ラインの自動化を数多く手掛けてきたメカトロ・アソシエーツの技術力を活かし、再販時に中古ロボットを最適な形で動作するようシステム設計を行うことが特長。これまで導入ハードルが高かった中小企業向けに、イニシャルコストを下げてロボットや自動化システムの導入を提案する。また、不要となったロボットを廃棄することなくリユースする事業は、環境保全にも配慮した取り組みとなる。

 現在、産業用ロボットは、自動車、機械、食品などさまざまな製造業における生産ラインの自動化や効率化で用いられており、人手不足の解消に寄与することから、年々需要が高まっている。また、半導体不足の影響などを受け、納期の長期化が顕在化している。一方で、導入された産業用ロボットの一部は、品目変更や生産プロセスの見直しなどを経て、導入当初の設計に見合わなくなり、稼働停止や廃棄に至るケースが散見される。こうした近年のロボット利用の動向から、中古ロボットの流通市場が拡大することを商機と捉え、技術提案を通じた中古買取・リユース事業を展開することで、産業界の自動化ニーズに対応する。

ロボットの買取サービスの概要

  • 対象品:国内メーカー製産業用ロボット(垂直多関節ロボットが中心)
  • 業種 :一般産業機器、自動車、機械、食品など
  • 地域 :全国対応可能(※情報、写真等で買取り可否を判断)

メカトロ・アソシエーツ株式会社の概要

  1. 設立 :2006 年10 月
  2. 代表者 :代表取締役社長 酒井 良明
  3. 本社 :石川県小松市一針町ヌ57-1
  4. 資本金 :2 千万円
  5. 売上高 :約5 億円(2021 年9 月期)
  6. 従業員数:18 名
  7. 事業内容:FA システム、産業用ロボットシステムの設計・製作・販売など
PAGE TOP
モバイルバージョンを終了