エア・ウォーターが新卒初任給を引き上げ

決算・人事

2023年4月の賃金改定で平均5.9%の賃上げも実施

 エア・ウォーターは、2023年4月の賃金改定において、平均5.9%の賃上げを実施した。また、2023年4月新卒入社者の初任給を大卒23万0600円(改定前比1万0100円増)、大学院卒(修士)24万8100円(同1万5100円増)に引き上げた。

 「社会課題の解決を通じた新たな企業価値の創造を掲げる中期ビジョンの実現に向けて、「人への投資こそがこれからの成長の礎となる」という考えのもと、従業員が個人の能力を最大限発揮できるよう安心して働ける環境を整えるとともに、引き続き優秀な人材の確保に努めるなど人的資本への投資を強化し、さらなる成長を果たす」としている。

賃金改定

  • 実施内容:11,000円のベースアップを含む、月額約17,000円の賃上げ(賃上げ率5.9%)
  • 対象者:非管理職の正社員
  • 実施時期:2023年4月支給分より (昇給差額は遡及支給)

新卒入社者の初任給の引き上げ

・実施内容

改定前改定後(23年4月~)現行比
大卒(学士)220,500円230,600円+10,100円
大学院卒(修士)233,000円248,100円+15,100円

・対象者:2023年4月入社の新卒入社者

PAGE TOP
モバイルバージョンを終了