JXTGエネルギー、都市ガス改質方式の「千葉幕張水素ステーション」オープン

 JXTGエネルギー(社長:大田 勝幸)は、2019年3月12日、「千葉幕張水素ステーション(千葉市美浜区)」を開所した。同日開催された式典では、福島関東経済産業局資源エネルギー環境部長、吉田千葉県商工労働部長、米満千葉市環境局長、菅原日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)社長らが祝辞を述べ、テープカットおよび充填セレモニーを行った 。

 JXTGエネルギーは、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏を中心に商用水素ステーションの整備を進めており、41カ所目となる本ステーションは、初めて「都市ガス改質方式」を採用した。JXTGエネルギーとして、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)との共同設置1号店となる。

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では、交通手段として燃料電池自動車(以下、FCV)の活躍が見込まれており、競技会場から近距離にある本ステーションには、多くのFCVが訪れることが期待される。

【千葉幕張水素ステーション 概要】

営業開始日

2019年3月12日

所在地

千葉県千葉市美浜区浜田2-43-5

運営者

株式会社ENEOS水素サプライ&サービス

敷地面積

1,000㎡

供給方式

オンサイト方式(水素製造装置をステーション内に設置)

※日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)はインフラ事業者、自動車メーカーおよび金融投資家などが参加し、オールジャパンでの協業により、戦略的な水素STの整備と効率的な運営に取り組むことを目的に2018年2月に設立。

<テープカットの様子>

(左から)髙橋章次NIPPO代表取締役執行役員副社長、米満実千葉市環境局長、桑原 豊JXTGエネルギー取締役常務執行役員新エネルギーカンパニー・プレジデント、福島伸一郎経済産業省関東経済産業局資源エネルギー環境部長、吉田和彦千葉県商工労働部長、菅原英喜日本水素ステーションネットワーク合同会社社長、吉宗雅史ENEOS水素サプライ&サービス代表取締役社長

<千葉幕張水素ステーション外観>