エア・ウォーター、貯槽・気化器一体の新型LNGサテライト設備「V サテライト」を開発

 エア・ウォーターは、貯槽と気化器等の設備を一体化し、省スペース化・メンテナンスの簡易化を実現したコンパクト設計のLNG サテライト設備「V サテライト」を新開発した。LNGサテライト設備とは、パイプラインが敷設されていない遠隔地でもLNGを利用できるよう、ローリーなどで輸送されたLNGを貯蔵・気化して送出する設備。LNG受入基地からの二次受入を行う供給基地であり、サテライト(衛星)のように点在して設置される。

1.LNG 事業と開発背景

 エア・ウォーターは、環境にやさしいクリーンなエネルギーとして、液化天然ガス(LNG)に早くから注目し、1999 年よりLNG 供給事業を行っている。また、空気から-196℃の液体窒素や-183℃の液体酸素を分離・精製する産業ガス分野で培ったノウハウや技術を活かし、LNG 輸送機器や供給設備のエンジニアリングサービスを展開し、LNG の普及に貢献する。

 昨今の世界的な低炭素社会への移行を受けて、工場等のエネルギーを重油や灯油から、クリーンなガス体エネルギーであるLNG やLPG へ切り替える燃料転換が進んでおり、特にLNG は環境負荷低減の潮流から世界的にますます需要が高まると予想されている。

 これまでのLNG サテライト設備は、エネルギーを大量に使用する工場での導入が主だったが、近年では、中小規模の使用量であっても、LNG へ燃料転換を検討する顧客が年々増加している。しかしながら、既存の工場に LNG サテライト設備を設置するには広いスペースを確保しなければならず、設置を断念する事例が多くあった。

 今回、エア・ウォーターは、産業ガス分野で独自に開発した小型窒素ガス発生装置「V1X」の設計プロセスや技術をLNG サテライト設備に応用し、貯槽と気化器等の設備を一体化した新型のLNG サテライト設備「Vサテライト」を開発した。「V サテライト」は、従来型の1/5 にまで省スペース化を実現できるほか、同社工場にて設備をユニット化して出荷することで現地工事を大幅に短縮することができる。また、資格者の選任が必要ない無加圧設備や簡易な開放検査で運用できる温水気化器の採用により、メンテナンスの簡易化を実現した。

 「V サテライト」は、2019 年12 月より長野県松本市内にて1 号機の運用を開始し、2021 年までに20 台の販売を目指す。同設備の活用を通じて、LNG 供給事業の拡大に取り組むとともに、顧客の燃料転換を通じてCO2排出量の削減に貢献する。

2.「V サテライト」の特長
  1. 気化器やボイラー等の付帯機器を貯槽タンク下に格納し一体化したことにより、従来比1/5のスペースで設置可能
  2. 同社工場での製作およびユニット化により、現地工事期間を従来比約1/3に短縮(基礎工事期間を除く)
  3. 簡易な開放検査で運用できる温水気化器の採用により、メンテナンス期間とメンテナンスコストを大幅に削減
  4. 加圧蒸発器を設置しないプロセスを採用することで、高圧ガス保安法に基づく第一種製造設備の許可を受ける必要がない
3.従来の LNG サテライト設備と V サテライトの比較

従来の LNG サテライト設備V サテライト
本体寸法(幅×奥×高さ)3.5×4.5×20 m
設置スペース(幅×奥)18×10 m6×5 m
工期(基礎工事期間除く)10 日~14 日3~5 日
保安検査等年1回の保安検査(高圧ガス保安法適用)定期自主検査のみ
保安係員※の選任必要不要

※高圧ガス保安法に基づく保安係員

従来の LNG サテライト設備と V サテライトの比較