岩谷産業が「再生医療JAPAN2021」に出展

液体窒素凍結保存容器、ドライシッパー・温度ロガーを展示

 岩谷産業は10月13日(水)~15日(金)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催される『再生医療 JAPAN 2021』に出展する。

 「Bio×Gas」をテーマに、細胞の保管・輸送のコールドチェーンに使用する液体窒素凍結保存容器や、ドライシッパー・温度ロガーの実機展示を行う。また、細胞培養用炭酸ガス、リークテスト装置などの紹介とともに、再生医療分野、バイオ・ライフサイエンス分野に向けたソリューションを提案する。

『再生医療 JAPAN 2021』 出展概要

  • 日時:2021年10月13日(水)~15日(金)10時~17時
  • 場所:パシフィコ横浜(〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
  • 出展場所:再生医療 JAPAN エリア ブース番号 「R-13」
  • 出展商品:細胞保管用凍結保存容器、ドライシッパー・温度ロガー、液体窒素、炭酸ガス、ドライアイス、リークテスト装置、ガス検知器など
  • 公式サイト:https://jcd-expo.jp/ja/



(左)細胞保管用凍結保存容器、(中)ドライシッパー・温度ロガー、(右)リークテスト装置