サイトアイコン ガスペディア

エア・ウォーター北海道が令和3年度「北国の省エネ・新エネ大賞」優秀賞を受賞

共同開発の寒冷地向けハイブリッド冷暖房・給湯システム「VIVIDO」(ヴィヴィッド)が高評価

 エア・ウォーター北海道は、リンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)、株式会社コロナ(本社:新潟県三条市、社長:小林 一芳)と共同で、令和3年度「北国の省エネ・新エネ大賞」(主催:経済産業省北海道経済産業局)において、優秀賞を受賞した。

 「北国の省エネ・新エネ大賞」は、北海道における省エネルギー・新エネルギーに関する有効利用、開発、普及に係る取り組みにおいて、他の模範となる組織や個人を表彰するもの。今回、3社が共同で開発した寒冷地向けハイブリッド冷暖房・給湯システム「VIVIDO」について、省エネ性とレジリエンス強化を実現する点が高く評価され、同賞を受賞した。「VIVIDO」は2021年度省エネ大賞において「省エネルギーセンター会長賞」も受賞している。 

参考

<製品の特長>

■冷房・給湯・暖房を1システムで対応

 寒冷地向けハイブリッド冷暖房・給湯システム「VIVIDO」は、ヒートポンプユニットとLPガス給湯暖房熱源機で構成され、家庭内全室の温水式暖房と、リビングルームなど2~3部屋の冷房、そして、給湯やお風呂への湯はりまで、1つのシステムで対応する。冷房のために別途エアコンを導入する必要がなく、ヒートポンプユニットが1つで済むため、設置の制約も少ないシステム。

■高い省エネ性

 各電力会社の時間帯別料金プランとLPガス料金より、外気温や設定温度に応じて最もランニングコストメリットが出るよう、ヒートポンプとガス給湯暖房熱源機を最適に制御し運転することで、灯油システムに比べて年間約33,600円、オール電化に比べて年間約78,200円光熱費を削減できる*1 。

一次エネルギー消費量比較(冷暖房)*2

*1  試算条件(本試算は標準的な家庭をモデルとしており、実際のエネルギーコストはライフスタイルや建築条件などにより変動する): ○地域:札幌(改正省エネ基準による地域区分) ○暖房面積:120m2 ○暖房使用期間:11月~4月 ○パネルヒータ:24時間継続 ○家族人数:4人 ○照明などの電気使用量:2,318kWh暖房:温水セントラルヒーティング 【ハイブリッド】給湯・暖房:ハイブリッド冷暖房・給湯システム、厨房:ガスコンロ 【オール電化】給湯:エコキュート、暖房:HP暖房、厨房:IHクッキングヒーター 【灯油】給湯:灯油給湯器、暖房:灯油セントラル、厨房:ガスコンロ ○電気料金(平成29年2月北海道電力料金):【ハイブリッド】eタイム3プラス 【オール電化】eタイム3プラス 【灯油】従量料金B ○ガス基本料金:2,090円(税込) ○ガス料金(LPガス):261.8円/m3、(灯油でガスコンロを使用する場合):830円/m3 ○灯油料金:85円/L ○再生可能エネルギー賦課金:3.36円/kWh

*2  試算条件: ○平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅) 国立研究開発法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所) エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版) 電気一次エネルギー:第二章 単位住戸の一次エネルギー消費量 暖房負荷: 第三章 暖冷房負荷と外皮性能 においてUa値0.46W/㎡K、面積140㎡で計算 ○各機種の冷暖房一次エネルギー消費量:暖房外気温2℃、冷房外気温35℃時の各機種のCOPより算出(ガス暖房87%、灯油暖房83%)

モバイルバージョンを終了