サイトアイコン ガスペディア

岩谷産業とJDSCがフレイルリスク検知の高度化・予防サービスの開発で協業

イワタニゲートウェイを活用した行動可視化の実証実験

 岩谷産業と株式会社 JDSC(代表取締役 加藤エルテス聡志、以下「JDSC」)は、フレイルリスク検知の高度化・予防サービスの開発に向け協業することで合意した。

 フレイルとは、介護が必要となる前段階の虚弱状態をいう。一度要介護になってしまうと健康状態に戻ることは困難といわれているが、フレイルであれば食事の改善や運動不足の解消などにより健康状態を維持・改善することが可能とされている。65 歳以上の高齢者では 11.5%がフレイル状態に陥っているという研究結果もあり、今後の少子高齢化による要介護者の増加といった社会的な課題に対応していくために、フレイルの予防・改善が注目されている。


 本協業では、フレイルリスク検知の高度化・予防サービスの開発に向け、ガス・電力使用量データから家庭内の行動を可視化する AI 開発の実証実験を 2022 年 3 月 7 日より開始した。実証実験では、岩谷産業が展開する IoT プラットフォーム「イワタニゲートウェイ」で家庭のガス・電力使用量データを収集し、データ解析技術を持つ JDSC が分析することで、電力使用量データだけでは読み取りづらい「食事」や「入浴」といった宅内行動の変化を読み取り、可視化することを目指す。

 JDSC はこれまで、AI を用いた電力使用量データの解析や技術開発を行っており、2020年には三重県東員町において東京大学・合同会社ネコリコ(中部電力グループ)と共に電力使用量データからフレイルリスクを検知する AI を開発した。「イワタニゲートウェイ」は電力だけでなくガス使用量のデータも収集できるため、JDSC が開発してきた電力使用量データを解析する AI にガス使用量データを組み合わせる今回の実証実験で、精度の高い行動の推定が可能となることが期待できる。

 今後、岩谷産業と JDSC は、開発した AI を活用し、フレイル検知の高度化・予防サービスの提供を目指す。

■実証実験の概要

■ 岩谷産業株式会社について(https://www.iwatani.co.jp/

 LPガス、カセットこんろを中心とした総合エネルギー事業と、水素などの創業以来の産業ガス事業を基幹として、機械、マテリアル、自然産業など幅広い分野で事業を展開。家庭用LPガスは卸売・小売ともに国内No.1シェアを誇る。

※2022年2月現在自社調べ

■ 株式会社 JDSC について(https://jdsc.ai/

 JDSC は、IoT やセンサーデータの解析、物流最適化や需要予測など、基幹産業を中心とした幅広い分野で、アルゴリズムモジュールの開発とライセンス提供事業、IT システムの開発と運用事業、データサイエンスに関する顧問・コンサルティング事業を行っており、日本の産業のアップグレードを目指す。AI を用いた電力データによるフレイル判定の技術に関しては特許を取得しており、今回の実証実験を通して、ライフログデータの解析に関する技術をさらに強化する。

モバイルバージョンを終了