福岡酸素と北九州市など6者、九州初となるCO2フリー水素サプライチェーン構築の実証事業をスタート

複数の再生可能エネルギーを同時に制御する国内初のエネルギーマネジメントを開発

 北九州パワー、北九州市、福岡県、IHI、福岡酸素、ENEOSの6者は、環境省の委託を受けて次世代のクリーンエネルギーとして期待されるCO2フリー水素の製造・供給拠点化を目指す実証事業を北九州でスタートした。

 「北九州州市における地域の再エネを有効活用したCO2フリー水素製造・供給実証事業」は、北九州市響灘地区に集積する太陽光発電や風力発電、北九州市内のごみ発電(バイオマス)などの複数の再エネ設備を有効活用し、CO2を発生させずに水素を「つくり」、県内各地に「はこび」、「つかう」という、CO2フリー水素の低コストなサプライチェーンモデルを構築する実証プロジェクトになる。

北九州市における地域の再エネを有効活用したCO2フリー水素製造・供給実証事業

 実証が行われるのは、北九州市若松区響町3丁目と八幡東区東田地区、また福岡市や久留米市の既存の水素ステーションも活用する。事業費は今年度約2億円(令和4年度までの合計で約8億円)。スケジュールは今年度、水素製造装置や圧縮機等の仕様決定・発注、エネルギーマネジメントシステムの開発、令和3年度に水素製造装置などの設置と運用開始、令和4年度に本格運用(水素の製造・供給コストやCO2削減量等のデータ取得・検証)の予定。

【事業関係者の役割】

  • 代表事業者:㈱北九州パワー 事業の全体統括 事業展開モデルの検討、電力供給(焼却工場のごみ発電由来)
  • 共同実施者 :
    • ㈱IHI 水電解活用型エネルギーマネジメントシステムの設計・開発・運用
    • 福岡酸素㈱ 水素の圧縮・配送 水素ステーション(久留米市)での水素利用
    • ENEOS㈱ 水素パイプラインへの水素供給 水素ステーション(北九州市)での水素利用
  • 北九州市・福岡県:水素利用先や関係機関との各種調整、実証フィールドの提供
  • 協力企業:
    • 東レ ㈱ 実証事業用地の提供、再エネ電力の供給 <太陽光>北九州 TEK&FP 合同会社、<マルチレンズ風車>九州大学/㈱リアムウインド
    • 岩谷産業㈱ 実証フィールド及び水素パイプラインの提供