スギヤマゲン、角型ドライアイスで-70℃12日間保存を実現する「BioBoxFreeze」を発売

 常温輸送容器製造メーカーのスギヤマゲン(本社=東京都文京区本郷2-34-9、代表=杉山大介代表取締役)は、新型コロナワクチンを-70℃以下の超低温で、輸送・保管が電源無しでできる「BioBox Freezer(バイオボックス フリーザー)」を開発し、2021年2月から販売を開始する。価格は13万円(税別、BioBoxFreezer本体とアルミ内箱のセット)。

ドライアイス対応超高性能断熱ボックス「BioBox Freezer」

 「BioBox Freezer」はドライアイス対応の超高性能断熱ボックスで、角型ドライアイス 20kgを投入し-70℃以下を約12日間保持が可能とされている。マイクロポーラス状ヒュームドシリカ芯材の次世代真空断熱材を搭載し、同社独自の特許構造で熱伝導を抑える。さらにボックス外装生地内部にはナノサイズの細孔を持つエアロゲルコーティング生地を内蔵し、断熱層の厚さを維持したまま断熱性能を向上させた。

 内部構造は熱伝導性の高いアルミ素材をバランス良く組み込むことで、ドライアイスの昇華温度-78℃がボックス内部隅々に行き渡る設計とした。温度ムラを解消し、無電源で利用できる超低温対応のディープフリーザー代替としての使用が期待されている。

 ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンは-70℃の超低温管理が求められている。倉庫や病院などでワクチン保管に利用されるディープフリーザー(超低温対応冷凍庫)は数量に限りがあり、今後のワクチン接種の拡大へ向け調達困難が予想される。また、ディープフリーザーを使用しないドライアイスでのワクチンの超低温保管には、粒状のドライアイスペレットの使用が想定されているが、現状では生産量に限りがある。

 「BioBox Freezer」は、ペレットタイプに比較して流通量が多い角型ドライアイスを20kg投入することで-70℃以下を約12日間の保持が可能なため、ディープフリーザー代替として無電源で使用が可能、ワクチンの輸送時や接種現場での-70℃保管を低コストで実現することができるとしている。