新コスモス電機が兵庫県三木市に火災実験の見学施設「PLUSCO Lab.(プラシオラボ)」を開所

「PLUSCO Lab.(プラシオラボ)」

一酸化炭素の危険性や一酸化炭素検知機能付き火災警報器の有効性を発信

 新コスモス電機は、兵庫県三木市に火災実験の見学施設「PLUSCO Lab.(プラシオラボ)」を開所した。5月10日に開所式を行い、第一号の来場者を迎えた。

「PLUSCO Lab.(プラシオラボ)」開所式


 当日は、第一号の来場者として能美防災株式会社より市川常任顧問、三木市消防本部より中井次長、予防課の西村係長、吉川分署の森本分署長ならびに大村係長を招き、開所式の後、初披露となる火災実験を見学した。

プラシオラボ開所の背景

 ⽕災による死者数が増加傾向にあったことを受け、2006年よりすべての住宅へ住宅⽤⽕災警報器の設置が義務化された。⽕災警報器が多くの家庭に設置され、事故件数は少しずつ減少に向かったが、現在でも住宅⽕災により年間約900名の方が命を落としている※1

 建物火災による死因の約4割を「一酸化炭素中毒・窒息」が占める※1というデータもあり、新コスモス電機が長年ガス警報器の開発で培った一酸化炭素検知技術を用いて、火災事故から一人でも多くの命を救いたいとしている。

 同社では、2006年に国内初となる「一酸化炭素検知機能付き火災警報器」を開発※2し、普及促進に努めてきた。

 その後、何度も改良を重ね、2022年9月に発売した「一酸化炭素検知機能付き火災警報器 PLUSCO(プラシオ)」は、⼀酸化炭素センサを使って⽕災を従来より早く知らせる機能(CO反応式)が、総務大臣より特例基準※3として認められました。また、価格帯やデザインも市場に受け入れられやすいものとなり、さらにガス事業者に加え全国の家電量販店・ホームセンターでも購入できるようになった。

 新コスモス電機では「今後、プラシオラボを通じて多くの方に一酸化炭素の危険性、一酸化炭素検知機能付き火災警報器の有効性を知っていただき、プラシオを普及させ火災事故低減に貢献したいと考えています」としている。

PLUSCO(プラシオ)SC-735

※1:令和4年版消防⽩書より
※2:2006年東京ガスと共同開発
※3:住宅⽤防災警報器の技術上の規格を定める省令において特例として認められた基準

プラシオラボの概要

名称PLUSCO Lab.(プラシオラボ)
所在地兵庫県三木市吉川町上荒川748-7
用途火災実験見学施設(防爆試験室を併設)
建物概要延床面積 約176㎡ 1階建て
北側外観
南側外観

見学概要

実験内容布団くん焼火災実験、天ぷら火災実験、ゆで麺器CO発生実験
所要時間約1時間
受入れ開始日2023年5月10日以降
見学可能日時月曜~金曜 10:30~15:00 ※完全予約制 ※祝日、お盆、年末年始は除く
問い合わせ先06-6309-1515(新コスモス電機株式会社 営業計画推進部)
メールでの問合せ
PAGE TOP
モバイルバージョンを終了