エア・ウォーター 千葉県白井市に、災害対応型のコインランドリーをオープン

 エア・ウォーターは、2020 年4 月1 日(水)、千葉県内で初めてとなる災害対応型のコインランドリーを白井市に出店する。全国でコインランドリー事業を展開する株式会社ジーアイビー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:鈴木 衛)とのフランチャイズ契約によるもの。

ブルースカイランドリー フォルテ白井店

1.出店の経緯

 コインランドリー市場は、共働き世帯や働く高齢者の増加など社会構造の変化に伴う家事の時短ニーズの高まりや、アレルギー疾患対策としての布団クリーニング需要の増加などにより、店舗数は約 2 万店、市場規模は1000 億円を超えるなど、市場拡大が続いている。

 また昨今、大規模な地震や台風など自然災害が頻発しており、昨年 9 月の台風 15 号では千葉県を中心に大きな被害が出た。こうした折、自宅で洗濯が出来ない人たち、営業中のコインランドリーを探して利用するなど、停電・断水の発生や住居の被災時においても洗濯が可能な生活インフラとして、コインランドリーのニーズが高まっている。

 このような中、北海道・東北・関東エリアを中心に、全国約 25 万軒にLP ガスや灯油を「ハローガス」ブランドで展開しているエア・ウォーターは、災害に強いLP ガスの特長を活かした災害対応型のコインランドリーを開発。本年1 月、栃木県宇都宮市への初出店に続き、このたびスーパーマーケット「ベルク フォルテ白井店」内に、災害対応型コインランドリーの2 号店を出店する。

2.災害対応型コインランドリーの特長

 5 日分のLP ガスを備蓄できるボンベ、ポータブル発電機や蓄電池、外部発電機への接続が可能な設備を完備する。災害発生時には携帯電話などの充電と店舗内照明の電源を確保するとともに、移動電源車や可搬型発電機からの電力供給により、停電時でも洗濯機・乾燥機が利用可能。

 エア・ウォーターは、2021 年度までに災害対応型のコインランドリーを北海道、東北、関東、中部などの地域へ30 店舗出店する計画で、出店を通じ、LP ガス供給の事業者として地域に密着し、ユーザーへ安心感と快適な暮らしを提供する。

3.出店概要

  1. 名 称:ブルースカイランドリー フォルテ白井店
  2. オープン日:2020 年4 月1 日(水)
  3. 所 在 地:千葉県白井市根476-2 ベルク フォルテ白井店
  4. 開店時間:7:30~23:00 ※オープン日は10:00 開店
  5. 店舗面積:58 ㎡
  6. 機器構成:洗濯機4 台(9kg、11kg、20kg、28kg 各1 台)、洗濯乾燥機2 台(洗濯27kg+乾燥15kg 各2 台)、乾燥機10 台(16kg×8 台、30kg×2 台)、スニーカー専用洗濯乾燥機 1 台
  7. 年 商:1,000 万円(見込み)
【参考】エア・ウォーター株式会社 生活・エネルギー関連事業について

 LP ガスや灯油を一般家庭や商業施設・病院など公共施設向けの生活エネルギーや、工場向けの産業エネルギーとして提供しているほか、LNG の供給やLNG 関連機器の製造・販売を行い、地域の暮らしの中で欠かせない役割を果たしている。2018 年度売上高:527 億円。