新コスモス電機、Bluetooth搭載の装着型ガス検知器「XX-353IIBTシリーズ」を発売

Bluetooth無線技術搭載で警報時に作業員の位置情報を知らせるメールを自動送信

 新コスモス電機は、Bluetooth無線技術を搭載した装着型のガス検知器「XX-353IIBTシリーズ」を開発し、2020年8月7日より販売を開始する。

Bluetooth搭載の装着型ガス検知器「XX-353IIBTシリーズ」

 携帯用ガス検知器は作業員の安全を守るため、危険なガスが存在する様々な現場で使用されている。その中でも一酸化炭素(CO)は無色・無臭で気づきにくく、わずかな量でも吸引すると死に至る大変危険なガス。また、タンク・マンホール内や地下作業現場、さらには窒素を使用する研究所等では酸素欠乏の恐れがあり、各種産業現場では安全対策に力を入れている。

 特に鉄鋼業界では高炉付近などで不完全燃焼によるCOが発生する危険があること、鋳型内等における酸素欠乏事故の危険性があることから酸素・一酸化炭素計を作業員一人ひとりが装着して作業に当たるなど、事故防止に努めている。

 このため、少しでも早く作業員の救助に向かえるよう、個人が装着した検知器が警報を発報した際に、管理者が作業員の位置情報をいち早く確認できる機能が求められていた。

 新コスモス電機では、2019年6月にBluetooth無線技術を搭載した酸素・一酸化炭素計「XOC-353IIBT」を開発し、一部の鉄鋼会社向けに限定販売をスタート、各社のシステムと連携をして遠隔から検知器を持っている作業員の位置情報が確認できるようにした。

 今回、独自の専用アプリ*を開発し、自社でシステムを持たない事業者でもスマートフォン等でリアルタイムにガス濃度やトレンドグラフが確認できるようになった。さらに検知器が警報を発した際には、専用アプリを介して事前に指定したメールアドレス最大100件に位置情報を含む警報情報を自動送信することができる。

 製品ラインナップは、酸素・一酸化炭素計(XOC-353IIBT)に加え酸素計(X0-353IIBT)、一酸化炭素計(XC-353IIBT)を用意し、鉄鋼業界以外の全ての業界へ向けて販売をスタートする。

* Google PlayまたはApp Storeから専用アプリの無料ダウンロードが必要。

スマートフォンへガス濃度・トレンドグラフのリアルタイム表示が可能

 「XX-353IIBTシリーズ」はBluetoothを搭載したことで、ガス警報時に作業員の位置情報を知らせるメールの自動送信や、スマートフォンなどでガス濃度・トレンドグラフのリアルタイム表示が可能。

その他機能

1. 画面表示にカラー液晶を採用し、警報時の視認性がアップ。さらにセンサエラー時なども色で瞬時に見分けることが可能。

2. 胸ポケットなどに装着した際、上から見ても表示が反対にならないよう表示反転機能を搭載。

3. 最大5日間のデータロギングが可能で、機器にNFCを内蔵しているのでオプションのログデータ収集セットを使って簡単にデータの取り込みが可能。さらに専用ソフトでトレンドグラフ等の作成も容易。
4. ガス警報の「発生時間」「警報中のPEAK値およびその時間」の履歴を最大200件まで記録する警報履歴機能を搭載。
5. 警報音量調節機能を搭載。
6.特別な工具等は不要で簡単に電池交換が可能。
7. 暑さ指数(WBGT値*1) 表示を搭載。3段階の色分けで表示をするのでわかりやすく、これ一台で熱中症対策にも役立つ*2。

*1 本機のWBGT値は、気温と湿度から簡単に推定したもので(輻射熱は含まない)、正確なWBGT値と異なる場合がある。
*2 あくまでも熱中症対策の目安となるもので、熱中症を予防できる商品ではない。