エア・ウォーター、北九州市に液化ガス製造プラント「北九州液酸(株)」とシリンダーガス充填工場を完成

全国で20機目の「VSU」プラント

 エア・ウォーターとグループの地域事業会社エア・ウォーター西日本(株)が、福岡県北九州市で建設を進めていた高効率小型液化酸素・窒素製造装置「VSU」とシリンダーガス充填工場が完成し、6月1日より営業運転を開始した。

 エア・ウォーターグループは、「需要地の近郊に小型プラントを設置し、輸送距離の短縮と合わせて大型プラントに匹敵する低コストで液化ガスを供給する」という製造拠点ネットワーク戦略を基軸に、営業・生産拠点と配送ネットワークを活用し、産業・医療用ガスの製造から販売まで地域に密着した事業展開を行うことで国内産業ガス事業の深耕を図っている。

 こうした中、北九州地区における産業・医療用ガスのさらなる安定供給と今後の事業拡大を見据えて建設を進めていた「VSU」プラントが6月1日より営業運転を開始。本機は全国で20機目の「VSU」プラントになる。

 また、同敷地内には、シリンダーガスの充填工場とアルゴン・エルナックス(溶接用シールドガス)の中継基地(貯槽設備)を設置、さらに、液化ガスタンクローリー基地や営業所など産業ガス事業にかかわる機能を集約し、北九州エリアにおけるガス製造・供給の中核拠点として整備した。今後は、同地での製造から販売まで一貫した体制により、さらなる安定供給とサービスの向上を図る。

設備概要

①「VSU」プラント

  • 運営会社:北九州液酸株式会社(※出資比率:エア・ウォーター30%、エア・ウォーター西日本㈱70%)
  • 所在地:北九州市若松区向洋町10番地2号
  • 製造能力:液化酸素 600 N㎥/h、液化窒素 1,400 N㎥/h
  • 運転開始:2021年6月1日

②シリンダーガス充填工場

  • 名称:エア・ウォーター西日本株式会社 九州支社 北九州支店 北九州工場
  • 所在地:北九州市若松区向洋町10番地2号
  • 設備概要:充填設備(酸素・窒素・アルゴン・炭酸・ヘリウム・混合ガス)、容器再検査設備(一般容器、ローリー)