サイトアイコン ガスペディア

岩谷産業が低・脱炭素経営をトータルサポートする取り組みを開始

J-クレジット制度を活用した CO₂削減量の価値化とCO₂排出量算定・可視化サービス

 岩谷産業は、全国の企業や団体の顧客を対象に、低・脱炭素経営をトータルサポートする取り組みを開始する。これに先立ち、国のJ-クレジット制度を活用した「Iwatani J-クレジットプロジェクト」を創設し、CO₂排出量の算定・可視化サービスの協業に向けて株式会社ゼロボード(本社:東京、代表取締役:渡慶次道隆、以下「ゼロボード」)と基本合意した。

 脱炭素に向けた取り組みは、企業が抱える主要な経営課題となっている。岩谷産業では全国の製造現場で灯油や重油などの油燃料から、LPガスやLNGへの燃料転換によるCO₂削減の取り組みを数多く行ってきた。その中には、中小企業では削減したCO₂排出量の有効活用、大企業ではCO₂排出量の可視化やさらなる削減に向けた施策の要望が存在した。

 今回、創設したプロジェクトでは、中小企業などでもCO₂削減活動を手間やコストをかけることなく、環境価値として活用できるようにする。また、ゼロボードとの協業により、CO₂排出量の算定・可視化、J-クレジットの活用を含めたCO₂削減ソリューションを提供する。

取り組みイメージ図

サービス概要

①J-クレジット制度を活用したCO₂削減量の価値化

②CO₂排出量算定・可視化サービス

今後の展開

 今回のJ-クレジット制度への認証ならびにゼロボードとの協業の組み合わせにより、各企業や団体でのCO₂排出量削減に向けたトータルサポートが可能となる。例えば、中小企業で目標以上に削減したCO₂排出量を大企業のCO₂削減計画に活用することや、大企業で実施した効果的なCO₂削減手法を中小企業にフィードバックすることができる。また、環境価値の有効活用として、自治体など地域への還元サービスや、カーボンオフセットカセットボンベやLPガス、LNGの販売などの検討を進める。

モバイルバージョンを終了