サイトアイコン ガスペディア

水素バリューチェーン推進協議会(JH2A)の会員数が195社に増加

梶山経済産業大臣に政策提言

 2020年12月7日に会員88社で設立された「水素バリューチェーン推進協議会(略称:JH2A)」の会員数は、2021年3月時点で195社・団体に増加した。岩谷産業など9社だった理事会員は、大林組・クボタ・国際石油開発帝石・住友商事・千代田化工建設・電源開発・日本エア・リキード・パナソニック・三井住友海上火災保険・三菱化工機・三菱ガス化学・三菱ケミカル・三菱UFJフィナンシャル・グループの13社が追加され22社となった。一般会員は109社、賛助会員13社、特別会員(自治体)33団体、特別会員(大学)5団体、特別会員(団体)13団体となった。

 3月16日には、設立時点の会員88社に対して実施したアンケートによる政策提言を経済産業省に行い、水素社会実装に向けて、あらゆる分野、視点からの意見を政府が発表したグリーン成長戦略と歩調を合わせた形で、JH2A共同会長の内山田竹志 トヨタ自動車代表取締役会長、國部毅 三井住友フィナンシャルグループ取締役会長、牧野明次 岩谷産業代表取締役会長兼CEOが、梶山弘志経済産業大臣に提言書を手渡した。

政策提言について

総論

需要拡大への取組

安価な水素供給

横断的な取組

会員一覧(理事会員、一般会員、賛助会員、特別会員)2021年3月時点、50音順

【理事会員 22社】

【一般会員 109社】

【賛助会員 13社】

【特別会員 自治体 33団体】

【特別会員 大学 5団体】

【特別会員 団体 13団体】

モバイルバージョンを終了