岩谷産業、リージョナルフィッシュらとバナメイエビの「スマート養殖」最適パッケージ化の実証試験を開始

完全国産種苗による効率の良い養殖をめざす

 リージョナルフィッシュ株式会社(以下、リージョナルフィッシュ)、株式会社奥村組(以下、奥村組)、株式会社 NTT ドコモ(以下、NTT ドコモ)、岩⾕産業の 4 社は、各社の強みとなる技術を結集し、バナメイエビ※1 養殖の最適な⽅式・条件を確⽴する実証実験を開始した。バナメイエビの国産種苗⽣産に成功したリージョナルフィッシュと⽇本有数の技術⼒を有する各社のオープンイノベーションにより、最⾼の⽣産性を実現させるバナメイエビ養殖パッケージの完成を目指す。

バナメイエビ種苗

 バナメイエビは、世界で最も食されているエビで、1 尾 15~18 グラム程度の小型サイズが主体で、日本では寿司のネタ、エビフライ、むきエビなど幅広い用途で使われている。

 このバナメイエビの種苗(養殖のための稚エビ)は海外から輸入することが多く、度々海外由来の特定疾病※2 による被害が発生している。そのため養殖業者は、全滅することもある病気のリスクに悩まされている。

 これらの課題を解決するため、4 社共同で、国産のバナメイエビの種苗を用いて、最適な養殖方法を検討する。200トン⽔槽3基を⽤いて、同時に閉鎖循環式養殖※3 とバイオフロック養殖※4 を実施する。各⽅式のメリット・デメリットを抽出し、最適な養殖⽅式の選択および改良の⽅向性を模索する。

 バナメイエビ養殖では、閉鎖循環式養殖とバイオフロック養殖が主流で、いずれの方式も水の入れ換えを一切行わないため、病気発生のリスクを下げる利点がある。しかし、実際の養殖場の規模ではこの両方式を比較検証した例がなく、どちらが優れているか明らかになっていない。これらを ICT などの活用により比較検証する。

閉鎖循環式養殖とバイオフロック養殖の模式図
各社役割

【養殖⽔槽の構築と養殖の実施】

① 奥村組の閉鎖循環式養殖システムの構築

奥村組は、閉鎖循環式養殖のシステム構築、閉鎖循環式養殖を実施。この実証試験で各種機能の最適化を検証し、当該システムの安定運用をめざす。

② リージョナルフィッシュの国産種苗の提供とバイオフロック養殖システムの構築

リージョナルフィッシュは、バナメイエビの国産種苗を提供し、バイオフロック養殖を実施。また、世界で初めてバナメイエビのゲノム編集にも成功しており、品種改良を進める。

【⽔質の遠隔監視と⽣育に適した養殖環境の構築】

③ NTT ドコモの ICT ブイをベースとした⽔質遠隔監視システム

NTT ドコモが提供するICT水質遠隔監視装置は、⽔温、溶存酸素、塩分、pH 等の⽔質測定データを、「ウミミル」アプリを通してスマートフォンでも確認できる。また他社センサーデータ(アンモニアなど)を API 連携にて「ウミミル」で提供。

④ 岩⾕産業の酸素溶解装置による⾼効率酸素供給

陸上養殖において、効率的な酸素供給は必要不可欠になる。岩谷産業は、高濃度酸素溶解装置を用いて、溶存酸素濃度を最適な状態に制御することで、収量増加の実現をめざす。

【注釈】

※1 バナメイエビは、世界で最も食されているエビで、500 万トン・10 兆円の市場がある(出典 FAO 2019 年)。1 尾 15〜18グラム程度の⼩型サイズが主体で、⽇本では寿司のネタ、エビフライ、むきエビなど、幅広い⽤途に使われている。

※2 特定疾病とは国内における発⽣が確認されておらず、または国内の⼀部のみに発⽣している養殖⽔産動植物の伝染性疾病であって、まん延した場合に養殖⽔産動植物に重⼤な損害を与える恐れがあるものとして農林⽔産省令で定めるものをいう(持続的養殖⽣産確保法第2条第2項、https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=411AC0000000051)。

※3 閉鎖循環式養殖とは、ろ過システムを用いて飼育水を浄化しながら循環利用する養殖方式。

※4 バイオフロック養殖とは、養殖水中に炭素源を添加することでバイオフロックと呼ばれる微生物の塊を生じさせ、微生物の力で水質浄化を図る養殖方式。