サイトアイコン ガスペディア

サーモスが20年ぶりに「炭酸飲料対応ボトル」を復活、炭酸飲料OKな保冷専用ボトルを発売

サーモス 保冷炭酸飲料ボトル(FJK-500/750)

2022年3月1日から「サーモス 保冷炭酸飲料ボトル(FJK-500/750)」

 日本酸素ホールディングス子会社で、ステンレス製魔法びんや真空保温調理器の製造・販売を行うサーモスは、炭酸飲料に対応した保冷ボトル「サーモス 保冷炭酸飲料ボトル(FJK-500/750)」を2022年3月1日(火)より発売する。

サーモス 保冷炭酸飲料ボトル(FJK-500/750)

 サーモスでは、2000年に初めて炭酸飲料対応ボトル「真空断熱イージーキャップボトル(FDD-500)」を発売し、2004年まで販売していた。当時、スポーツボトルのラインアップ拡充を検討する中で、水筒に入れることが難しいとされていた炭酸飲料に着目。試行錯誤しながら、ガスの圧力によりフタが開きにくくなる、中せんが外れるなどの現象に対応できる新たな飲み口や中せん構造を開発した。

 今回、最近の炭酸飲料需要の高まりと「炭酸飲料を冷たいまま持ち運びたい」というユーザーの声を受け、新たに炭酸飲料対応ボトルの開発に着手。サーモスが培ってきた技術を駆使して、シンプルな構造で手入れがしやすく、普段使っているボトルと同じ感覚で使える仕様を目指し改良を重ねて、約3年をかけて発売に至った。

 「サーモス 保冷炭酸飲料ボトル(FJK-500/750)」は、「真空断熱スープジャー」の製品開発で培ったノウハウを応用した新構造のフタを採用し、ステンレス製魔法びん構造の優れた保冷機能で炭酸飲料の冷たさをキープする。

 炭酸飲料に対応した新構造のフタは、スープジャーのフタを開けやすくする”クリックオープン構造”を応用した。せん本体に設けた圧力開放穴が、開栓時と内圧が高まった時に圧力を逃がす。フタを少し回すと“シュッ!”と圧力が抜け、さらに回すと開くという2段階構造で、開けやすく、炭酸が吹きこぼれにくくなっている。

 万が一圧力開放穴が機能しなくなった場合でも、左右2か所の溝から圧を逃がす2重の安心設計となっている。せんユニットは、パーツが分かれるのですみずみまで洗うことができる。飲み口は、口当たりの良い金属の飲み口を採用した。容量は、0.5Lと0.75Lの2サイズを展開。カラーはシルバー、レッド、ライトブルー(0.75Lはシルバー、レッドの2色)を用意した。

モバイルバージョンを終了