東京都が「羽田エリア水素ミーティング」を開催

「羽田エリア水素ミーティング」

羽田空港内でトライアル利用中の水素で動くフォークリフトの見学ツアー

 東京都は2024年1月30日(火)、「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」(大田区羽田空港1-1-4、京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋」駅直結)で、羽田エリア周辺のビジネスパーソンや水素利活用に関心のあるビジネスパーソン、脱炭素社会の実現に取り組む企業などを対象に、水素の理解が深まる講演や社会実装に関する取組を紹介するイベント「羽田エリア水素ミーティング」を開催する。参加費用は無料、参加申込は「羽田エリア水素ミーティング」ウェブサイト( https://www.tokyo-h2-navi.metro.tokyo.lg.jp/torikumi/event/haneda-h2-meeting )から。

「羽田エリア水素ミーティング」

 イベントでは、東京大学先端科学技術研究センター所長の杉山正和教授による「カーボンニュートラル実現における水素の役割」の基調講演や、ENEOS、資源エネルギー庁の水素への取組み紹介のほか、水素の社会実装に関する体験・展示として「羽田空港内でトライアル利用中の水素で動くフォークリフトの見学ツアー(予約制)」や、水素コンロで調理した東京食材の試食会なども行われる。

 東京都はエネルギーの安定供給の確保や脱炭素化に向け、都内における水素エネルギーの需要拡大・早期社会実装化に取り組む。水素社会の実現には、サプライチェーンの構築が重要であり、羽田エリアにおいては、水素の潜在的な需要が高く見込まれるため東京都は、川崎市・大田区とも連携しながら、空港臨海エリアにおける水素等の供給体制の構築や需要の拡大を推進している。

PAGE TOP
モバイルバージョンを終了