「岩谷コスモ水素ステーション平和島」が開所

岩谷コスモ水素ステーション平和島

FCトラックへ短時間充填、京浜トラックターミナル平和島SSに併設

 岩谷産業とコスモエネルギーホールディングス(コスモエネルギーHD)のグループ会社であるコスモ石油マーケティング株式会社の出資会社、岩谷コスモ水素ステーション合同会社は2024年4月8日、「岩谷コスモ水素ステーション平和島」を開所した。

「岩谷コスモ水素ステーション平和島」開所式
写真左から、喜村 博 岩谷コスモ水素ステーション合同会社 代表職務執行者、中嶋 裕樹 Commercial Japan Partnership Technologies 株式会社 代表取締役社長、小池 百合子 東京都知事、間島 寬 岩谷産業株式会社 代表取締役 社長執行役員、山田 茂 コスモエネルギーホールディングス株式会社 代表取締役社長 社長執行役員、村瀬 佳史 経済産業省 資源エネルギー庁長官、大川 武雄 株式会社キタセキ 代表取締役社長、藤田 裕司 日本自動車ターミナル株式会社 代表取締役社長

 「岩谷コスモ水素ステーション平和島」は、小型及び今後普及が見込まれる大型燃料電池トラック(以下、FC トラック)への短時間での充填が可能なステーションとしてオープンした。日本自動車ターミナル株式会社が運営する京浜トラックターミナル内で営業中のコスモエネルギーHD グループ系列 京浜トラックターミナル平和島SS(運営会社:株式会社キタセキ)に併設する。トラックターミナル内での水素ステーション設置は国内初。国内最大の貨物取扱量を誇る京浜トラックターミナル内での水素ステーションの設置は、FC トラックの国内実証の拠点としても重要な役割を担う。

 岩谷産業とコスモエネルギーHD では、脱炭素社会実現に向け、水素燃料の社会実装や水素需要拡大を後押しし、今後も岩谷コスモ水素ステーション合同会社を通じて、FC 商用車向けの需要に対応した水素ステーション建設を検討する。

岩谷コスモ水素ステーション平和島

  • 開所日:2024 年 4 月 8 日
  • 所在地:東京都大田区平和島二丁目
  • 運営者:岩谷コスモ水素ステーション合同会社
  • 運営委託先:株式会社キタセキ
  • 敷地面積 : 約 2,463 ㎡(給油スペース含む全体)
  • 供給方式: 液化水素貯蔵(オフサイト型)
  • 供給能力: 60kg/h ※FC 大型商用車にも短時間で充填が可能
PAGE TOP
モバイルバージョンを終了