サイトアイコン ガスペディア

国内初の燃料電池バスへの本格的な充填が可能な水素ステーション開所式

 岩谷産業は2017年3月6日、「イワタニ水素ステーション 東京有明」をオープンし、3月16日に開所式を行った。同水素ステーションは、燃料電池バス(FCバス)など大型車両に対応するために、液状の水素を圧縮する「液化水素ポンプ」を採用する。また、将来、極低温ガスである液化水素の冷熱利用で冷凍機負荷の低減を図り、電気代などのランニングコスト削減を目指すなど、FCバス普及拡大への一助となる新たな取り組みを進める。

「イワタニ水素ステーション 東京有明」の概要

名       称 : イワタニ水素ステーション 東京有明
所  在  地 : 東京都江東区有明1-8-5
敷地面積 : 約3,200m2 (約970坪)
水素供給 : 液化水素貯蔵 (オフサイト供給)
液化水素ポンプ昇圧能力 :

80kg/h 

※1時間当たり16台のFCV満充填が可能、または1時間当たり4台のFCバス満充填が可能

 

充填時間 :

FCV3分/台

FCバス15分/台

充填圧力 :

82MPa(メガパスカル)

※1メガパスカル≒10気圧

主要設備構成 : 液化水素貯槽、液化水素ポンプ、高圧蓄圧器、ディスペンサーなど
特       長 : 液状の水素をポンプで直接圧縮する次世代昇圧設備を備えており、FCバスなど大型車両への本格的な水素充填が可能。
○コンパクトかつ高効率
○ポンプ直充填による連続充填が可能
○将来、極低温ガスの冷熱を利用し、冷凍機負荷の大幅な低減が見込める 

 

【イワタニ水素ステーション 東京有明】

 

 

モバイルバージョンを終了