NTTドコモがヘリウムガス充填の風船を利用した“羽根のないドローン”を開発

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ヘリウムガスが充填された風船の浮力によって浮遊し、プロペラを使わず、超音波振動を活用して空中を移動する安全性の高い屋内向けの飛行船型ドローンを開発した。

ヘリウムを使った「羽根のないドローン」

 羽根のないドローンは、空中を自在に飛行しながら人々の生活をサポートする新たなデバイスの創出をめざして開発された。プロペラや羽ばたき翼によって空中を移動する従来のドローンとは異なり、羽根のないドローンはヘリウムガスが充填された風船の浮力で浮遊し、さらに「空気ポンプ」として動作可能な超音波振動モジュールによって推進力を生み出すことで、空中を移動する。

 従来のドローンは、空中を移動する際に必要となるプロペラや羽ばたき翼などが人や物に衝突すると、大きな怪我や破損につながる可能性があるという課題があった。羽根のないドローンでは、それらのパーツの代わりに、人が触っても安全な微小な振動により風を起こす超音波振動モジュールを活用することにより、飛行時の音が静かで、安全なドローンを実現した。

 今後は、イベント会場やコンサートホールなどの屋内において羽根のないドローンを飛行させることで、空飛ぶ広告や道案内などに活用するほか、機体に搭載されたカメラから撮影した映像と画像解析技術を組み合わせて、空中からの監視や警備ソリューションに活用することを想定する。さらに、羽根のないドローン本体にプロジェクションマッピングをすることにより、空中に映像を表示する空間演出ソリューションの提供も検討する。

 2019年4月27日(土曜)から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」に羽根のないドローンを出展予定となっており、会場内で羽根のないドローンを操縦するデモを体験できる。

  • 本開発に関する研究成果は2019年5月4日(土曜)から英国で開催されるHCI※1分野における著名な国際学術会議「The ACM CHI Conference on Human Factors in Computing Systems(CHI 2019)」で発表される。
  1. 「HCI」とは「Human-Computer Interaction」の略で、人とコンピュータの関わり合いや相互作用に関する研究領域のこと。

羽根のないドローン外観

羽根のないドローンの概要

直径最大約90cm
最大飛行速度約20cm/秒
連続飛行時間約1~2時間