帝人ファーマ、HOT患者の酸素吸入の有無を確認できる酸素濃縮装置「ハイサンソ®i」を上市

 帝人ファーマ(本社:東京都千代田区、渡辺 一郎社長)は、HOT患者の酸素吸入の有無が確認可能となる呼吸検知機能をはじめ、様々な新機能を搭載した酸素濃縮装置「ハイサンソi」を上市した。


「ハイサンソi」 製品本体

 現在、国内で在宅酸素療法を受けている患者は増加傾向にあり、今後高齢化が進む中で、さらに患者の数は増えることが予想されている。一方、酸素濃縮装置を使用するにあたり、日常の手入れなどの負担が原因で治療を継続できなくなるケースも少なくないことから、装置の機能強化や利便性の向上などにより、療養時の負担を軽減するニーズが高まっていた。

 「ハイサンソi」は、患者の利便性を第一に設計したことで、従来の装置に比べて小型・軽量化、静音化を実現しただけでなく、装置本体のフィルタの手入れが不要となった。さらに、省電力化により電気代の負担軽減も期待でき、処方酸素流量についても、低流量(0.25L/分)から高流量(5.00L/分)まで1台で幅広く対応する。

 また、新たに呼吸検知機能を搭載したことで、これまでの装置の運転状況に加え、カニューラを通して、患者が酸素濃縮装置から酸素を吸入していることを確認できるようになった。これらのデータを、医療機関が装置の運転状況をモニタリングできるシステム「Hot見守り番Web」と連携させることで、医療関係者が患者の自宅での療養状況を確認することができる。

 帝人ファーマは「ハイサンソi」が患者の療養時の負担軽減や治療の継続につながることを期待し、在宅酸素療法のさらなる支援に注力する。また、今後もIoT基盤の構築を図り、革新的な在宅医療関連製品・サービスの開発を推進、患者のQOL向上に貢献する。

「ハイサンソ®i」の仕様と性能

販売名ハイサンソ®i
認証番号230ADBZX00107000
医療機器分類管理医療機器・特定保守管理医療機器
寸法(mm)310(幅)×320(奥行)×520(高さ)
消費電力1L/分:70W、3L/分:100W、5L/分:165W
重量19.5kg±2kg
運転音31dB(A)(正面距離1m)※無響室において