エア・ウォーター北海道が苫小牧市と「災害時における施設等の提供に関する協定」を締結

 エア・ウォーターグループのエア・ウォーター北海道株式会社(以下、エア・ウォーター北海道)は10月27日、北海道苫小牧市と「災害時における施設等の提供に関する協定」を締結した。

苫小牧市との締結式

 エア・ウォーターグループでは、災害に強いLP ガスの特長を活かした災害対応型のコインランドリーを開発し、生活に密着した新事業としてコインランドリー事業に取り組んでいる。今年 7 月には、エア・ウォーター北海道が、苫小牧市において道内初となる災害対応型コインランドリーを開設した。災害発生時には、備蓄している約 3 日分の LP ガスをエネルギーとして発電し、電気を供給、停電時でも洗濯機・乾燥機を利用することができる。

 大規模災害時には、停電により家庭の洗濯機が使用できなくなる場合があるほか、浸水や後片付けなどで汚れ物が多く出ることがある。また、避難が長期化した場合には、感染予防の観点からより衛生面に配慮した洗濯の手段が求められるなど、停電時でも洗濯可能な生活インフラとしてコインランドリーのニーズは高まっている。

 今回締結された協定により、苫小牧市内において災害が発生した場合、エア・ウォーター北海道はこの施設を提供し、携帯電話の充電や、洗濯機・乾燥機等を利用できるようにするとともに、市内の避難所等に LP ガスで発電可能な移動電源車を出動させ給電することで、被災者への炊き出しなどの災害支援に努める。

LP ガス仕様移動電源車による発電

 エア・ウォーターグループは本協定を機に、地方自治体ともこれまで以上に連携し、LP ガス供給事業者として地域に密着したサービスを通じ、社会的責任を果たすとしている。

※LP ガスは、タンクやガスボンベなど多様な容器での備蓄・個別供給が可能なため、「分散型」エネルギーとして災害時に強く、インフラとしても他のエネルギーに比べ復旧が早いという特長がある。


災害時における施設等の提供に関する協定の内容

  1. 店舗において、被災者の携帯電話への給電
  2. 避難者に対する洗濯機・乾燥機等の提供
  3. 市内の避難所等の指定場所において、移動電源車での給電

店舗概要

  • 店舗名 :ブルースカイランドリー苫小牧店(災害対応型LPガス供給設備併設型店舗)
  • 所在地 :苫小牧市ときわ町5丁目18番21号
  • 営業時間:24 時間営業
  • 店舗面積:48 ㎡