小池酸素工業、シリンダー充填の群馬工場をリニューアル

エア・ウォーター東日本と共同で「群馬総合ガスセンター」を設立

 小池酸素工業は、群馬地区のシリンダー充填工場となる群馬工場をリニューアルした。エア・ウォーター東日本と共同出資の新会社「群馬総合ガスセンター株式会社」を設立し、2020年12月4日より新充填工場の稼働を開始した。

 小池酸素工業は、群馬地区においてシリンダー充填工場として群馬工場を有しており、本工場稼働後、数十年が経過し老朽化対策が課題となっていた。その中で、群馬地区での充填拠点設置を目指すエア・ウォーター東日本と協業することにより、各々が単独投資による二重投資の回避と長期的なシリンダーガスの安定供給、生産量の拡大、充填品目の拡充及び生産効率化を目的として、小池酸素工業群馬工場をリニューアルした。

 リニューアルした新充填工場は、小池酸素工業とエア・ウォーター東日本が共同出資の新会社、群馬総合ガスセンターを設立し運営する。新充填工場では、籠状のパレットに容器を積込、フォークリフトで充塡架台まで運搬し充填をするパレット方式を採用し、容器移動の作業軽減による作業性の効率化及びパレット充填による転倒防止等、安全操業を図っている。また、付加価値の高い高純度製品の充填する。さらに、充填設備を高床化して台風等の水害対策を考慮した設備とした。

共同出資会社の概要

  • 会社名:群馬総合ガスセンター株式会社
  • 所在地:群馬県伊勢崎市長沼町222-1
  • 設立:2020年11月16日
  • 資本金:5,000万円
  • 株主:小池酸素工業 70%      エア・ウォーター東日本 30%
  • 生産品目:酸素(医療用含む)、窒素(医療用含む)、アルゴン、液化炭酸ガス(医療用含む)、エルナックス®、混合ガス、食品添加物用ガス(窒素、炭酸、アルゴン)、高純度ガス(窒素、アルゴン、ヘリウム、炭酸)
充填工場の外観(CE側)
充填工場の内観(パレット充填方式)