サーモスとセブン‐イレブン・ジャパンなど5社、『セブンカフェ』マイボトル利用促進に関する実証実験

『セブンカフェ』マイボトル利用促進に関する実証実験

オフィス内廃棄物の削減効果についての検証

 株式会社セブン ‐イレブン ・ジ ャパンとサーモス、パナソニック株式会社、味の素 AGF 株式会社、富士電機株式会社は、『セブンカフェ』マイボトル利用促進に関する実証実験を実施する。

実証実験のイメージ

 本実証実験では、セブンカフェ自販機と高速自動ボトル洗浄機を活用したマイボトルの利用促進によるオフィス内廃棄物の削減効果についての検証を目的とし、セブン‐イレブン・ジャパンの本部ビル 5 階に勤務する社員約 500 名を対象に、2022 年 9 月 1 日(木)から 9 月 30日(金)まで行う。

 参加 5 社は、本実証実験を通じて知見を高め、リユース促進による廃棄物削減と循環型社会の推進に貢献する。

 本実証実験では、リユース可能なサーモスのボトルを使用する。また、店頭で稼働しているセブンカフェ自販機を富士電機が改良し、AGFがセブンカフェ向けに供給しているコーヒー豆を使用することで、ホットコーヒーとアイスコーヒー(R サイズおよび L サイズ)の提供を可能にした。

実証に用いるマイボトル
(実証実験向けオリジナルデザイン、非売品)

 アイスコーヒーは、マイボトル専用サイズの袋氷を使用し、淹れたてのコーヒーを氷で瞬間冷却することで芳ばしく香る 1 杯をマイボトルでも同様に提供する。さらに、パナソニックがマイボトル専用の高速自動ボトル洗浄機を開発し、高温水の高圧水流によりおよそ 45 秒でボトル内部とフタの洗浄を行う。

(左)本実証実験用のセブンカフェ自販機、(右)高速自動ボトル洗浄機

 真空断熱構造で美味しいコーヒーを「長時間保温・保冷」でき「結露の心配がない」、さらに密閉構造のフタで「安心して持ち運べる」ボトルを活用するとともに、マイボトル利用に対する心理的ハードルの 1つである洗浄の手間を「高速自動ボトル洗浄機にセットするだけ」という手軽さで軽減することによって、オフィスでのマイボトル活用を促進し、一人ひとりが無理なく オフィス内廃棄物の削減を実現できる環境の構築を目指す。

本実証実験の概要

  • 実証期間:2022 年 9 月 1 日(木)から 9 月 30 日(金)
  • 実証場所:セブン‐イレブン・ジャパン本部ビル(〒102-8455 東京都千代田区二番町 8 番地 8)
  • 実証対象:セブン‐イレブン・ジャパン 5 階オフィス勤務者(約 500 名)
  • 実証内容:マイボトルの利用率向上、およびマイボトル利用による廃棄物削減効果

各社の役割

  • セブン‐イレブン・ジャパン: 実証実験フィールドの提供と社員の参加
  • サーモス マイボトルの提供
  • パナソニック: 高速自動ボトル洗浄機の提供
  • AGF: コーヒー豆の供給
  • 富士電機: セブンカフェ自販機の提供
PAGE TOP
モバイルバージョンを終了